スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

侍の装備を考えよう!~序幕~


FFの前衛アタッカーは、装備選択の時点で

戦闘で発揮される能力がほぼ決定されます。


ということで、
侍の装備を考えるシリーズ第一弾!(´∀`)


第一弾とか言いつつ、これ書いてるのは、
このあとに続く話を書いたあとなんですけどねw

大事な前提を書くの忘れてたので、
序文として、一番最初に挿入しておきたかったのだ(´д`)



<侍装備を考えるうえでの大前提>

侍は、敵にあたえるダメージのほとんどを

WSに依存しているジョブである。


これが超大事ヽ(`д´)ノ!!

まずこれを書かなきゃダメだったんだw


えと、普通前衛アタッカーが敵にあたえるダメージってのは

通常攻撃 … 総ダメージのうち7割
WS    … 総ダメージのうち3割

くらいの割合になってるのです。

忍者とか竜騎士とか戦士とか
ヴァナにはいろんなジョブがいますが、
この割合は ほぼ全てのジョブが一致していると思う(´∀`)

なので、ふつうの前衛アタッカーは
D値の高い武器を装備して、
さらに攻撃力にも気を使って
通常攻撃のダメージをあげることを
考えないといけません。


しかし、じつは高レベルの侍は、この割合が
ほかのジョブとは全然ちがっているのです。

repとか見ると

通常攻撃 … 4割
WS    … 6割


くらいになってるんだよね(´д`)


・高レベルの両手刀は、他の武器と比べて弱い
・主力WS(雪月花)のダメージは、武器D値の依存度が低い
 (そのため、弱い武器でもダメージが出る)

ってのが効いてるので、こんな結果になるんだと思います(´∀`)


というわけで、侍の装備を考えるうえでは、
とにかくWSを数多く、高威力で撃つことを考えるのが大事なわけです!

通常攻撃のダメージについて考える必要は全くありません。

そこで張り合っても、
他ジョブには絶対勝てないことがわかってるから
得意分野のWSで頑張るしかないんだ!ヽ(`д´)ノ

そんな背景があるので、
メイン武器として破軍が選択されるんですね(^-^


敵がいなくてもTPためられる黙想があったりとか、
侍って、他の前衛アタッカーとは
全然ちがう考え方をしないとならないジョブなので
やってみると面白いし、色んな発見があると思うよ(´∀`)オススメです


*ちなみに、レベル60くらいまでの両手刀は普通に強いので
 上に書いたのはあくまで高レベルでのおはなしです(^-^
 

スポンサーサイト

2007/02/07 09:10 | 武士道COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。